バレエの先生もオススメする、
お手頃価格の正統派バレエショップ

バレエ経験者のスタッフがお応えします

03-4405-1080
送料一律250円

バレエレオタードの選び方について

バレエ用品 2016.11.29

質問

今までTシャツ短パンでレッスンしていたのですが先生から、レオタードの着用を勧められました。 近くにバレエショップがなくネットでの購入を考えているのですが皆さんは、レオタードをネットで購入する時に気をつけている事はありますか? 自分に合ったレオタードを選ぶにはどうしたら良いでしょうか?

ペンネーム:黄金様


回答メッセージ

◎一番心配なのはサイズですね。

私もバレエを始めてからは店舗に行って買っていました。 しかし最近は忙しくて買いに行く暇がなくネット購入しています。 イーバレリーナさんのレオタードはシンプルなデザインだけど夏はこれに薄いTシャツを羽織り、冬はカシュクールやセーターを羽織って着こなしを楽しんでいます。 お値段もリーズナブルなのでよかったです。 ネットでのレオタード選びで一番心配なのはサイズですね。 私は163センチなので身長160前後とかいてあるのを選びます。 Mサイズと書いてあっても、たまに子供用だったりすることもあるので、とにかく文面をよく読んで自分の身長にあったサイズを選ぶようにしています。 ネット購入の初心者さんなら、あまり派手なデザインよりもシンプルなものから選んだ方がいいと思います。 写真で見るのと手元にきたときの柄のイメージが違ったということもあるので。 動きやすいかなどの着心地は正直、着てみないとわかりません。 でもネットのお店はショップよりも安く購入できることが多く、きつすぎて動けないという理由以外だったら私の場合たいてい満足してます。 Tシャツと短パンだとカンブレ(※1)やポールドブラ(※2)をしたときに、まくれ上がってしまいレッスンに集中できないので身体にぴったりフィットするレオタードの方が上達しやすいですよ。 (※1)カンブレ 状態を曲げる動き (※2)ポールドブラ バレエの腕の動かし方 その上に寒ければバレエ用のボレロやスパッツを羽織るのがいいのです。 もちろん着ていいかどうか先生に確認してみてください。 色はとにかく自分が好きな色、デザインで。 直感で選ぶのもよし、様々なサイトを見るもよし、ネットで検索するのは店頭で選ぶのとはまた違った楽しみがありますよ。 あれこれ考えて自分に合うレオタード選びを楽しんでください。

ペンネーム:Thanksgiving Day様


◎身長よりガースで選ぶ

私はいつも身長よりガースでサイズを選んでいます。 私は身長が高いのですが、細くて普段はSサイズを私服で着ています。 レオタードは胴体にフィットするべき物なので、ぜひガースを確認して下さい。 ガース表記のない物は普段着通りのサイズを買いますが、必ず詳細な説明と、返品・交換時のチェック要です。

ペンネーム:華様


◎自分のお気に入りを定番にする

leotards現役時代は、ショップで購入したり、友達とお揃い(色違い)を注文したりしていろんなお店で購入しましたが慎重に選んでいなかったので、失敗したなって思うレオタードも沢山ありましたね。 それに、結局いつもお気に入りのレオタードをヘビロテしています。 それからは、自分のお気に入りのブランドやデザイン、生地に近い商品をネットで購入しています。 いいなって思っても実際着てみると似合わなかったりするし、ブランドによってもサイズ感が違っていたりするので必ず生地、デザイン、ブランドの3つをチェックすることを心がけています。 忘れがちですが、バストトップが気になる方は、裏地がついているレオタードや、ベロアやギャザーがあるデザインを選ぶのがお勧めです。 そうする事で、レオタードやバストトップが気になりにくくなります。

ペンネーム:Body Works様


バレエスタッフからのコメント

今回は、レオタードの種類についてご説明します。 レオタードは、形も様々で以下の種類に分かれます。 好みで選ぶのが一番ベストですが、なりたい雰囲気で選んで頂くのも楽しいと思います。

(1)キャミソール

キャミソールは肩紐が長い場合、縫いやすいのでお勧めです。 また、体のラインも見やすいです。 冬場など寒い場合は上からボレロを羽織っても違和感が少なく自然です。

(2)タンクトップ

肩がくい込みやすく、キャミソールに抵抗がある方はタンクトップがお勧めです。 清楚で上品なイメージです。 二の腕もキレイに見えるので大人の方にも人気のデザインです。 小さなお子様に一番人気です。

(3)半袖・パフスリーブ

脇の下も隠れるので、大人の方に人気があります。 しかし脇の下の着圧感はあるので小さなお子様には注意が必要です。 汗っかきの方は、汗染みが目立ちにくい白や黒がお勧めです。

(4)七分袖・長袖

二の腕が気になる方や先生など大人に人気があります。 エレガントで大人な雰囲気があるので、冬場のレッスンでも羽織り物が必要でない為、スッキリとした印象でレッスン出来ます。 秋冬に1枚あると便利だと思います。 長袖の場合胸元がVネックになっているタイプや背中が開いているタイプを選ぶと重たくなりにくく素敵です。 イーバレリーナではお客様が安心してお買い物が出来るようにバレエ専門スタッフが在籍しております。 お悩みの事や、気になる事があれば遠慮なくお問い合わせください。 レッスン着が変わると、気分も上がりますよ! 素敵なレオタードと出逢えますように。

バレエ用品選びは
イーバレリーナにお任せください