バレエの先生もオススメする、
お手頃価格の正統派バレエショップ

バレエ経験者のスタッフがお応えします

03-4405-1080
送料一律250円

レオタードの指定が無いお教室の場合、スカートが有りと無し、どちらの方が良いか【後編1】

子供のバレエ 2021.11.01

目次

質問

今回は、チュチュ様からの質問
「・レオタードの指定が無いお教室の場合、スカートが有りと無し、どちらの方が良いか」についての回答を、全5回に渡って、ご紹介していきます☆

今回は、【後編1】のご紹介です!

スカート有りの方が可愛いらしいデザインが多いのですが、無しの方が先生的には教え易いと聞いた事があります。
娘は5歳でスカート有りを着ているのですが、周りのお子さんは成長するにつれて、スカートの付いていないレオタードを着ている子が多くなっており、切り替えるべきか悩んでいます。

チュチュ 様より

回答メッセージ

小学生クラスからはスカート無しが原則!



娘が通っていた教室は
幼児クラスはスカート付きでもOKでしたが
小学生のクラスからはスカート 無しが原則でした。
特にマスタークラスでは、袖も無いキャミソール型で肩甲骨や肩から腕のラインが見える方が指導がしやすいと先生がおっしゃっていました。
逆に大人クラスになると割と自由で
スカートやショートパンツを履いている人もいました。
小さい子がフリフリの可愛いレオタードを着ている姿はとても好ましいのですが
黒いキャミソールのシンプルなレオタード姿もカッコ可愛いいデスよ!



バナナ 様より

バレエスタッフからのコメント

「・レオタードの指定が無いお教室の場合、スカート有りと無しはどちらの方が良いか」について、バナナ様ご回答ありがとうございます!

小さい子のフリフリレオタード、とっても可愛いですよね。
着られなくなってしまうのは少し残念かもしれませんが、バレエを続けて発表会などで素敵な衣装を着られるように日々のレッスンを頑張りましょう。

そして、大人クラスの方は本当にオシャレな方が多いですよね!
参考になるコーデをイーバレリーナでも今後紹介していきたいと思います☆彡

来週も引き続き、「レオタードの指定が無いお教室の場合、スカート有りと無しはどちらの方が良いか」について回答をご紹介していきます!お楽しみに♪

バレエ用品選びは
イーバレリーナにお任せください