バレエの先生もオススメする、
お手頃価格の正統派バレエショップ

バレエ経験者のスタッフがお応えします

03-4405-1080
送料一律250円

レオタードのインナーについて知りたい!

バレエ用品 2021.05.06

質問

子供の頃からジャズダンスを習っていましたが、 大人になってバレエも習って見たいと思うようになり、通ってみました。

『大人になってからバレエを始めたので、格好はなんでも良いですよ。』 と言われ、見よう見まねで揃えたのですが、なんでも服装がOKなジャズとは違い、 バレエはレオタードを着用するため、下に着るインナーに悩んでいます。

人見知りもあり、周りの人や先生にも中々相談できません。
皆さんはレオタードの下はどのようにされてますか?

教えていただけると助かります!

ご回答を是非よろしくお願いいたします。

バンビ 様より

回答メッセージ

レオタードにバストパッドを入れています。



私は、レオタードの中にインナーを着るとごわごわとしてしまう感じが苦手なので、インナーは着ないで、色の薄いレオタードなど、透け感が気になるときはバストパッドを入れています。

なので、元々レオタードを購入する際にバストポケット付きのレオタードを選ぶようにしています。ただ、2枚重ねで着るのに違和感が無ければ、ボディーファンデーション(肌色の薄いレオタードのようなもの)を着てもいいと思います。

ショーツに関しては、はじめはバレエ用でないものを使っていましたが、レオタードから、パンツラインがはみ出してしまうのが気になり、今はバレエ用のショーツを履いています。
バレエ用ショーツだと、パンツもレオタードからはみ出ず、程よい厚みと、縫い目に凹凸がないので、パンツラインも響きにくいのでオススメです。

私もバンビ様のように、大人になってからバレエを始めましたが、最近はレオタードに合わせて、スカートやニットパンツをコーディネートするのが、洋服を選ぶように組み合わせを楽しめるようになりました♪お互い楽しみながら頑張りましょう。

Y太郎 様より

回答メッセージ

レッスンにはバレエ専用ショーツ、白タイツが不可欠!


私はレッスンの時はバレエ用のショーツ、白タイツ、そしてバレエブラとして、イーバレリーナさんの「ポケット付きアンダートップ」を使っています。

その中に「フラットタイプの差し込みバストパッド」を入れています。下着はその3点でその上にレオタードを着ています。

ただしこのアンダートップは、背中が大きく開いているレオタードを着ると、開いている部分からつけていることが見えてしまうので、人によっては見栄えがよくないと気にする方もいるかもしれません。しかし私の場合、お教室での指定もありませんし、レオタードのポケットにバストパッドを入れるだけよりも身体がほどよく締まった感じがして踊りやすいです。

ショーツは「日本製なめらかアンダーショーツ」を使っています。
バレエ用のショーツは普通のショーツよりもレオタードの下に履いても目立たないように作られているし、脚を上げても食い込みにくいようにサイドラインが作られています。なので、レッスンにはバレエ専用のショーツ、白タイツは不可欠です。

よくレオタードの下に肌色の薄いボディファンデーションを着用して、身体のラインをきれいに見せるという方もいます。私はレッスン時には着用しませんが、発表会のチュチュの下に着るように「New ボディファンデーションフリーサイズ」を持っています。

これにはバストポケットはありませんが、肩ひもがついているので身体にぴったりフィットするように調節できます。肌さわりもよく、背中がUの字に開いているので、レオタードの下に着ても背中がきれいに見えます。レオタードの下にこのボディファンデーションを着用したとしても、それほどきつくはならないと思います。

ただしバレエの場合あまりいろいろ着こみ過ぎても先生から身体の正しいラインが見えないし、何より自分が動きにくいのでレッスンに行く前にお家でレッスンウエアを着て確かめてみるのもいいでしょう。

バレエはいかに動きやすい下着やタイツ、レオタードを着用するかによって脚や上体のダイナミックな動きが可能になり、上達も早まります。

ぜひバレエ用品店で専用のレッスン着や下着をそろえて楽しいバレエライフを始めましょうね。

メリー 様より

バレエスタッフからのコメント

今回も、多くのご回答いただきありがとうございます。

「レオタードのインナーについて」はバンビ様のように中々誰に相談していいかわからないですよね。

ご紹介させていただいた以外には、レオタードにポケットが付いてなくても、ボディーファンデーションにバストポケットが付いている商品もあるので、バンビ様のお好みに合わせてご用意されるのがいいと思います!

恥ずかしながら、私自身もバレリーナを夢見ていた時期もありましたが、こうしてバレエ関係のお仕事をしているのも、学生時代バレエと向き合った時間があったからだと改めて感じています。

大人になってから始められたバレエが、ますます楽しくなるよう応援しております!!

バレエ用品選びは
イーバレリーナにお任せください