初めてトウシューズを履かれる方へ

このページでは、初めてトウシューズを履かれる方のために、図解でそのポイントを説明いたします。
どうぞご参考になさって下さい。


フィッテイングの方法

※普段のお稽古と同じようにタイツを履き、トウパットをつけます。

.▲董璽襦並裏を床につけて)チェック

トウシューズに足を通し アテールで立った状態で確認します。  
・足指がボックスの中で曲がっていないか、指が重なっていないか  
・かかと、履き口が隙間なくピッタリフィットしているか  

★どこも痛くないことを確認してください。


▲廛螢─壁┐魘覆欧董砲妊船Д奪

・足指がボックスの中で曲がっていないか、
 指が重なっていないか  

★どこも痛くないことを確認してください。


ポアント(つま先)で立ってチェック

※柱などどこかに掴まりながら行いましょう。  

・ポアントで立つと足は下に沈むのでかかとに若干浮きがでます。
 約〜0.5mmほどでかかとに指が入らない状態  
・ソールが土踏まずにフィットしているか  
・ボックスの中で足指が曲がっていないか  

★どこも痛くないことを確認してください。


´↓が大丈夫であれば購入してもよいトウシューズとなります。

そして実際に履いて踊りやすければ、自分にあっているトウシューズとなります。

このページの先頭へ戻る

トウシューズリボンのつけ方

一般的な方法は以下のようになります。

 シューズのかかと部分を内側に折り  折り目になったところに線を引き  その線にあわせて斜めに
 内側からリボンを縫い付けます。

よりフィットさせたい方は出来るだけ底に近いところから縫い付けます。

※実際は目立たないように薄いピンク色の糸で縫いつけます。
※トウシューズリボンを縫い付ける位置は人によって多少異なりますので、色々と試して丁度よいところを見つけましょう。
メッシュゴムをつけることでソールがかかとから離れず足裏によりフィッ トいたします。

このページの先頭へ戻る

トウシューズリボンの巻き方

1. 内側のリボンを外くるぶしの上に向かうように斜めにもっていき、足首に回します。(この写真は左足です) 2. リボンを前に回し、さらにアキレス腱まで回します。 3. 次に外側のリボンも同じように斜めに足首に一周回し、内くるぶしまでもってきます。
 
4. そして内くるぶしの辺りで、固結びをします。

*リボン結びをする方もいますが、解けやすいので固結びをお勧めしています。
5. 結び目が出ないように中に入れて完成です!

*リボンが長い場合は丁度良い長さに切ってください。
☆リボンを巻く時のポイント☆

・足首の角度を直角にして履くと、リボンが緩みにくいです。
・緩く結ぶのではなく、出来るだけ引っ張りながらリボンが緩まないように結んで下さい。
*強く巻き過ぎると、うっ血してしまいますのでご注意を!

このページの先頭へ戻る